ご利用プラン

セキュリティ

よくある質問

資料ダウンロード
無料トライアル

ログイン

ビジネスチャットツール「Slack」と連携できますか?

はい、Slackとナレカンは連携することができます。

「連携によってできること」「連携の方法」「連携解除の方法」は、それぞれ下記をご覧ください。


※連携はパソコン版からのみ設定できます。


❚ 連携によってできること

下記(A)(B)の2種類の機能をご利用いただけます。


(A)「Slack」に記載したメッセージを、ワンクリックで「ナレカン」に「記事」として残すことができます。

例えば、これまでSlackに記載して流れて行ってしまった「議事録」や「業務マニュアル」が、今後はワンクリックで全て「ナレカン」に情報ストックできるようになります。


(B)「ナレカン」で「記事」「質問」「回答」が追加されたことを、リアルタイムで「Slack」に通知できます。

また、「記事」に対する「コメント」・「記事」「質問」「回答」に対するリアクション(「助かりました」「共感しました」)も、リアルタイムで「Slack」に通知できます。

「あなたが作成した記事・質問・回答・記事へのコメント」「他の方に送ったリアクション」は通知されませんので、ご注意ください。



1.Slackとの連携方法(A・B、どちらの機能を使う場合にも設定が必要です)


①ヘッダーより「設定」>「個人設定の変更」をクリックします。


Slackとの連携方法_1

②画面左側メニュー「Slack連携」から、「連携する」ボタンをクリックします。


Slackとの連携方法_2

③Slackとの連携画面で「許可する」ボタンをクリックします。


Slackとの連携方法_3

④Slackとの連携設定が完了したら、「Slack連携をテスト」ボタンをクリックします。


Slackとの連携方法_4

⑤Slackにテストメッセージが表示されていることを確認できれば、無事に連携が完了しています。


Slackとの連携方法_5

(A)「Slack」のメッセージをワンクリックで「ナレカン」にストックする方法


①Slackのメッセージにカーソルを合わせ、「⋮」から「Store this message」を選択します。

※「Store this message」が表示されない場合は、「その他のアクション」から「Store this message」を探してください。


Slackのメッセージをナレカンにストックする方法_1

②ナレカンの格納先の「フォルダ」「タイトル(任意)」「タグ(任意)」を入力し、「保存」ボタンをクリックします。


Slackのメッセージをナレカンにストックする方法_2

③ナレカンで記事が作成された旨のメッセージが表示されるので、「ナレカンで開く」リンクをクリックします。


Slackのメッセージをナレカンにストックする方法_3

④Slackのメッセージが、ナレカンの記事としてストックされました。


Slackのメッセージをナレカンにストックする方法_4

(B)「ナレカン」の回答・コメント・リアクションをリアルタイムで「Slack」に通知する方法


Slackと連携していれば、下記のような通知を受け取ることができます。


ナレカンのメッセージをリアルタイムでSlackに通知する方法_1

2.連携解除の方法


①ヘッダーより「設定」>「個人設定の変更」をクリックします。


Slackとの連携解除方法_1

②画面左側メニュー「Slack連携」から、「連携を解除する」をクリックします。


Slackとの連携解除方法_2

③下記の画面が表示されれば、連携解除が完了です。


Slackとの連携解除方法_3

フォームでのお問い合わせ

ご質問・ご不明点については、
お問い合わせフォームより、
お気軽にお問い合わせください。